イベント

ヱヴァンゲリヲンと日本刀展

上田市の隣、坂城町にある「鉄の展示館」にて開催されている「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」に行ってきた。ヱヴァンゲリヲン作中に登場するナイフや、登場時人物にインスピレーションされた刀などが展示されている。 ヱヴァンゲリヲンと日本刀展 in 坂城 長野 | 鉄の展示館 ※開催期間は11/23まで。 まずはフィギュア、ジオラマ。 3人娘の和服フィギュア。 決闘シーンジオラマ。黒澤明監督「用心棒」のシーンを模したジオラマ。御前試合。ここから刀。「エヴァンゲリオンANIMA」に出てくるシリーズ。 マゴロク・エクスターミネート・ソード。 カウンターソード。 ビゼンオサフネ ビゼンオサフネのミニチュア。上のはエヴァが人間大だった場合のスケールで、こちらは30cmほどの弐号機に合わせたもの。 ロンギヌスの槍の穂先は隕鉄で作られた、という伝承から発想を得た、隕鉄から鍛えた脇指。 ダマスカス、という鋼で作られたロンギヌスの槍。 矛先はダマスカス鋼ならではの模様が見える。柄の部分はらせん構造になっている。 通常の日本刀も時代ごとに紹介されている。 2Fに上がると綾波とアスカの等身大?フィギュア。 プログレッシブナイフ剣型(丸)。桜花と銘々されている。 プログレッシブナイフ剣型(角)。エヴァンゲリオン弐号機の両肩に装備されているナイフ。 プログレッシブナイフ・ナイフ型。ロンギヌスの槍と同様ダマスカスを利用。 正倉院に伝え残っている手鉾を連想して制作されたもの。 ここからは原作をイメージして作った刀シリーズ。 「初号機仕様 脇指<序・破・急> 弐号機仕様 短刀<式波・プラグスーツ> 刀身にアスカが彫刻されている。 零号機仕様 脇指<龍と槍> 刀身にはロンギヌスの槍に龍が巻き付いている彫刻。 真希波・マリ・イラストリアス プラグスーツ仕様 短刀 刀野薙(NATAYANAGI) この展示会だけのために全く新しくデザイン、制作された日本刀。 エヴァンゲリオン刀子。 刀子とは小刀の一種で、奈良時代の貴族が実用的にも使うオシャレアイテム。 セカンドインパクト短刀。 茎にはセカンドインパクトが起こった日、柄元にはゼーレの紋章が刻まれている。 渚カヲル仕様 刀 綾波レイ仕様 太刀 弐号機F型用ATF曲刀。 戦国時代、九州の大友氏が使用した「千曲薙刀」をイメージして作られた。

生誕80周年記念 藤子・F・不二雄展

上田市立美術館で開催されている生誕80周年記念 藤子・F・不二雄展に行ってきた。 上田市立美術館は、サントミューゼという複合施設の中にある。サントミューゼには美術館の他に大小ホール、楽器練習や公演用のスタジオ、会議室などが併設されている。 [3] 展示スペースは駐車場から入って左側の2Fにある。 藤子・F・不二雄展の入り口。 [4] ここからさき、展示物はほぼすべて撮影禁止。 [5] 展示内容は公式ページの展示内容のところに書いてある。 「SF(すこしふしぎ)シアター」はちょっとしたプロジェクションマッピングに机の引き出しが開くギミックや、扇風機で風を送るなどの演出が加わったもの。 その後原画展示があり、最後に「なりきり広場」という撮影スペース。 様々な著名人から藤子・F・不二雄へ送る色紙が飾られているのだが、多くの作家がドラえもんなど藤子・F・不二雄作品に出てくるキャラクターを自分のタッチで描いているところ、鳥山明だけが悟空の絵に「藤子・F・不二雄先生へ」って感じの普通のファンに送るような色紙を書いていたのが印象に残ったw サントミューゼの芝生広場。 向かいにはアリオ。  生誕80周年記念「藤子・F・不二雄展」 平成27年9月16日(水)~11月9日(月)9:00~17:00 最終入場16:30 観覧料 大人(大学生以上)当日1,200円(前売り・団体1,000円) 小学生・中学生・高校生 当日700円(前売り・団体500円)